歯が抜けてしまった場合の治療について

歯が抜けてしまった方へ

歯を失う原因は、虫歯や歯周病、あるいは事故などです。
歯は、噛んだり、言葉を発したりするときに大切な役割を果たしています。歯を失えば、このような機能も充分ではなくなります。歯が抜けたままだと、見た目の印象を変えてしまうこともあります。 しかし、1本2本なくても噛めるからいい、と思っていると、さまざまな影響があります。
今は大丈夫でも、時間が経つにつれ、少しずつ変化します。軽く考えずに、早く歯科医院で治療を受けましょう。

歯が抜けた時の治療方法について

抜けた歯を補う治療として、入れ歯、ブリッジ、インプラントといった方法があります。
それぞれメリットとデメリットがあり、歯科医とよく相談し、わからないところは質問してください。

入れ歯の特徴

入れ歯は、型を取って作ります。歯を削ったり手術の必要はありません。保険適用のものであれば、費用負担も軽くなります。
ただ、食べるときに自分の歯のようには噛めなかったり、異物感があって発音に影響することもあります。

ブリッジの特徴

ブリッジは、失った歯の両側の歯を削り、間に義歯を入れて橋を渡すように被せる方法です。固定されるので、入れ歯より違和感は少なくなります。
入れ歯のような金属のバネもなく、審美性の高い義歯を付けることもできます。
デメリットとして、健康な歯を削ると、削った歯の寿命を短くする可能性があります。また、ブリッジに小さなひびなどが入ると、全体を取り替えなければならないので、費用がかかります。

インプラントの特徴

インプラントは、顎骨(がっこつ)に人工歯根(インプラント)を埋め込み、人工の義歯を固定する方法です。自分の歯のように噛むことができ、健康な歯を削る必要はありません。
ただし、手術が必要で、自費治療となります。

無料カウンセリング 0120-738-037
無料カウンセリング 0120-738-037 top_btn09_spimg.png
症例 患者様の声 メディア掲載情報 スタッフブログ よくある質問 オフィシャルサイト 求人情報

新着情報

一覧へ >
2018/05/01NEW
第11回市民講座決定
2018/05/01NEW
カムログの学会inオランダ
2018/03/29NEW
「わっち」&「らじ丸」出演
2018/03/02NEW
ブログを更新しました
2018/03/02NEW
第10回 市民講座詳細決定!!