顎の骨が不十分な場合のインプラント治療

顎の骨が薄く、通常インプラント治療が難しいと思われる患者さんでも、骨を作るのを促進させることが出来ます。

患者さん自身の血液を遠心分離機という治療器にかけることで、濃縮した血小板を取り出します。
この血小板には成長因子がたくさん含まれているので、骨の促進となります。

促進することで通常よりも早く骨が出来上がり、埋入手術にも早く進めます。

今までは、人工の骨や牛の骨の粉を使った治療はありましたが、自分の血小板から促進が出来るので安全でかつ安く、治療が可能となりました。

※大量に骨を補う場合には人工の骨や牛の骨の粉と一緒に使います。

無料カウンセリング 0120-738-037
無料カウンセリング 0120-738-037 top_btn09_spimg.png
症例 患者様の声 メディア掲載情報 スタッフブログ よくある質問 オフィシャルサイト 求人情報

新着情報

一覧へ >
2018/05/01NEW
第11回市民講座決定
2018/05/01NEW
カムログの学会inオランダ
2018/03/29NEW
「わっち」&「らじ丸」出演
2018/03/02NEW
ブログを更新しました
2018/03/02NEW
第10回 市民講座詳細決定!!