入れ歯が合わない理由

入れ歯は、型を取って製作して、そのまま取り付けるので、比較的、手軽な方法として使われています。
保険適用であれば、自費診療と比べて費用負担は軽くなります。しかし、使い心地では不満を訴える方も少なくありません。

入れ歯でよくあるお悩みについて

  • 入れ歯が歯肉にあたって痛い
  • 入れ歯と歯肉の間にものがはさまり痛い
  • 接着が悪く、ふとした衝動ではずれてしまう
  • 口を開けて話せないくらい窮屈に感じる
  • 口元の動きがスムーズにできず、表情がうまくつくれない

保険適用の一般的な入れ歯は、入れ歯と歯肉の間に食べ物が挟まりやすく、食事の楽しみが減ってしまいます。噛む力は、3~4割に減少します。噛み合わせが合っていないと、なおさら食べ物をしっかり噛むことができません。
☆高齢の方の場合、小さな入れ歯をお餅と一緒に飲み込んで、危険な状態に陥る例もあります。

入れ歯が合わなくてつらくなったら

保険の入れ歯を何度も調整し、最終的には自費のもの(金属床と呼ばれ、身体親和性の高い金属を用いた入れ歯や、磁石でくっつくアタッチメントタイプの入れ歯等)で作成したにも関わらず、やはりまだ違和感を覚えている方もいらっしゃると思います。
入れ歯が合わないと食事を楽しめないこともあったり、話しにくかったり、とてもつらいと思います。
そんな方は早くお悩みを解決するために、インプラント入れ歯にするか、それとも入れ歯のままが良いのか、お気軽に相談しにご来院ください。

無料カウンセリング 0120-738-037
無料カウンセリング 0120-738-037 top_btn09_spimg.png
症例 患者様の声 メディア掲載情報 スタッフブログ よくある質問 オフィシャルサイト 求人情報

新着情報

一覧へ >
2018/05/01NEW
第11回市民講座決定
2018/05/01NEW
カムログの学会inオランダ
2018/03/29NEW
「わっち」&「らじ丸」出演
2018/03/02NEW
ブログを更新しました
2018/03/02NEW
第10回 市民講座詳細決定!!